2013年12月09日

Windowsタブレット

この冬になって、Windowsタブレットも魅力的な製品が
増えてきたようですね。

サイズとしては、8インチ型が主流かな。
冬モデルとして出しているメーカーとしては、東芝、
エイサー、デル、レノボの4社。

OSはWindows8.1、CPUはAtom Z3740、メモリーは2GBで
画面解像度も同じ1280×800ドット(約188ppi)と
基本スペックとしては横並びな状態。

カメラの性能やオーディオ機能、SIMカード対応など
細かなスペックを見ていくと、それぞれの特徴が見えて
きますが、これだけ似通ってくると迷わずにはいられない。

タブレットといえば、既にAppleのiPadやGoogleのNexus7、
AmazonのKindle Fireなどがあり、実際にどれが良いのか、
悩んでしまいますね。

結局は自分の使い方次第なのだろうが、
ここまで多種多様になってくると選ぶ事さえ面倒に感じてしまう。
ラベル:タブレット
【関連する記事】
posted by よしかず at 18:43| Comment(0) | タブレット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。